iphoneが壊れたときの対処法!修理方法のまとめ

大事なiphoneが壊れたときはどうしたらと焦ってしまう方も多いかもしれません。しかし、年々、iphoneの修理技術はあがっているので、修理をすれば、ほとんどのケースは元に戻ります。どうやって修理すればいいのでしょうか?ここでは壊れたときの対処方法・修理方法について、説明したいと思います。

故障内容別応急処置

iphoneひび割れ修理 札幌市東区

iphoneが壊れかもと思ったらときに、まず、焦らず試してほしいのが再起動・今、開いているアプリを閉じる・システムのアップデートの3つです。

画面が割れるなどの、明らかな破損の場合は無理ですが、それ以外の場合は、再起動など、自力で直せることも多いので、まずは試してみてください。再起動は充電ができないときや、動作が鈍いときに有効です。アプリを閉じる・アップデートは後に詳しく説明しますが、iphoneの画面が動かなくなったときに有効です。

次は故障内容別に対処法をご紹介したいと思います。

①iphoneの画面が動かない

iphoneひび割れ修理 札幌市東区

先ほども少し書きましたが、画面が動かなくなった時に試してほしいのが、システムのアップデートと今、開いているアプリをすべて閉じること、そして空き容量の確認です。

システムが古すぎると、異常が発生して、画面が固まる原因となっている可能性があります。システムのアップデートの通知が来たときに、iphoneでゲームや動画を見ていたら、ついつい煩わしく、後回しにしてしまう方も多いと思いますが、それが原因で動きが遅くなったり、固まったりするので、システムのアップデートの通知が来たら、必ずすぐしましょう。後からだと忘れてしまいますからね。

また、アプリやサイトのページなどを一度にたくさん開きすぎるとそれも画面がうごかなくなる原因となります。iphoneの処理能力にも限界がありますから、それ以上を超える指令が出されると、画面が固まります。たくさん開きすぎていないか、今一度、確認してみてください。開いているアプリを閉じるだけで、iphoneの動きがスムーズになるので、たくさんiphoneを使う・たくさんアプリを使うという方はこまめにアプリを消してみてください。

最後は空き容量の確認です。空き容量が十分にないと、それもまた処理能力に追い付かなくなる原因になります。設定から空き容量を確認できるので、チェックしてみてください。空き容量が5GB以上ない場合は、不要なファイルやデータを消すようにしましょう!

②本体の電源が入らない

iphoneひび割れ修理 札幌市東区

本体の電源自体が入らない場合は、バッテリーが劣化している可能性があります。毎日・長時間使うiphone。消耗品なので、使えば使うほどバッテリーは悪くなります。よくなることはないので、不具合があるのであれば、交換しなければなりません。電池の減りが早いときもバッテリーの交換が有効です。バッテリーの在庫状況やお店の混み具合によりますが、ほとんどの場合、即日修理ができます。

また、バッテリーの劣化が進むとバッテリーが膨らんで、画面が浮くなど、新たな問題が発生してしまいますから、早めに新しいバッテリーに交換するのをおすすめします。

③水没

iphoneひび割れ修理 札幌市東区

水没もよくありますね。うっかりiphoneをトイレに落としてしまい、水没したときは、どうしたらいいのでしょうか。iphoneは精密な機械なので、水に落とすと動かなくなり、データが消えるなどが起こりますが、水没してすぐに応急処置をしておくと、修理のときに復旧できる可能性が高くなります。

まず水気を飛ばすために、iphoneのカバーやケースは外してください。液晶の保護フィルムははがさなくても大丈夫です。表面はできるだけ拭いて乾燥させましょう。布やティッシュなどで、できるだけ拭いてください。細かくふき取る必要があるので、iphoneの側面の凹凸部分もキレイにふき取りましょう。

ドライヤーなどを使って、乾燥させるのはやめましょう。ドライヤーの熱でかえって、基盤などが壊れてしまいます。またiphoneを振って、水分を取るのもやめた方がいいです。iphoneの中に入り込んだ水分が振ることによって、さらに広がる可能性があります。

乾燥方法のおすすめは、ジップロックに乾燥剤とiphoneを入れて、しばらく置いておく方法です。simカードも取り出してください。iphoneが水没してすぐ、simカードを取り出して、水分を拭かないとsimカード自体が故障してしまうので、忘れずに取り出して、傷がつかないよう、優しくふき取りましょう。

水没直後にしてはいけないことは、iphoneの電源を切ったり、つけたりしないでください。水にぬれた状態でiphoneの電源を消したり、つけたりすると、通電して、基盤がショートする場合があるからです。また、充電したり、パソコンにつなげたりしても、通電する可能性があります。通電して、ショートしたら、故障を余計に悪化させるので、絶対にしないようにしてください。

さらには水没してすぐは、iphoneが使えうることもありますが、水に濡れたiphoneを使い続けると、これも通電によるショートが起こり、症状がさらに悪くなることがありますので、すぐに使うのはやめてください。水没したiphoneが使えていても、しばらくしてから使えなくなることがあります。これは水没したときにiphoneの中に入った水分が基盤を錆びさせるからです。基盤が壊れると、データが消えることも・・・少しでもiphoneが水に濡れてしまったら、早くiphoneの修理店に行くことをおすすめします。

水没したときの対処法

  • カバーやケースを外す
  • 水分を取り除き、乾燥させる
  • simカードを取り出す
  • 電源を切ったり、つけたりしない
  • 充電やパソコンにつなげない
  • 使用をすぐやめる

よくならないならお店で修理を!

iphoneひび割れ修理 札幌市東区

再起動などの対処法を行ってもためだった場合や画面割れなど、上記以外の故障のときは、自力で直すのは難しいので、そういう場合はお店に行って修理をしてもらいましょう。

iphoneを直せるお店には2種類あります。Apple StoreやAppleが認定しているお店と街中にあるiphone修理店です。ご自宅から近いところに行くといいでしょう。Appleが認定しているお店は一部の携帯キャリアショップ・カメラのキタムラなどです。全店舗ではなく、限定されているので、事前に調べてみてくさい。Appleの修理サービスを受けるにはインターネットから予約する必要があります。iphoneを直接お店に持って行って修理してもらう方法と配送サービスもあるので、iphoneを送って修理してもらう方法があります。修理に時間がかかりますが、修理に出している間に代替機を借りることもできるので、安心して修理に出すことができると思います。お店によっては代替機の制度がないところもあるので、要注意です。

そして、もう1つは街中でよく見かけるiphone修理店です。水没は時間がかかりますが、画面割れやバッテリー交換などは、お店の混み具合によりますが、早ければ即日で行ってもらえるので、緊急のときにとても便利です。

修理に出すにあったって気を付けることは、バックアップを取っておくことです。特に、Apple Storeで修理に出すと、データが初期化されます。ですので、連絡先や大事なメール・メッセージ等はバックアップを取っておくようにしましょう。iphoneのパックアップには2つ方法があり、「iCloud」を使う方法と「iTunes」を使う方法です。iCloudはWi-Fiがあればiphoneだけで簡単にバックアップすることができます。iTunesを使う方法は、パソコン本体とパソコンとiphoneをつなぐケーブルが必要になってきます。

まとめ

iphoneひび割れ修理 札幌市東区

iphoneが壊れたときの対処法はわかりましたか?壊れたときは、焦ると思いますが、焦らず、しっかり対処法を試してみてください。これから故障したときにこの記事が皆様のお役に立てれば幸いです。